MJQってどんな団体?

Medical Jazz Quartets(略称MJQ)は新宿区にある慶應義塾大学信濃町キャンパスを活動拠点とするジャズ研究会です。2009年度に設立され2012年度に公認団体となりました。日本で最も新しいジャズ研の一つです。ジャズ研とはジャズなどを中心とした即興性の高い音楽を好む学生がセッションやライブを通して演奏技術の向上や交流を図る団体です。その他にも部員の好きな音楽のジャンルを追究しています


「ジャズってなんだか難しそう・・・」

「難しい楽譜をたくさん読まないとだめなのでは・・・」

「ジャズって楽器決まってるんじゃないの? 違う楽器だし・・・」

全くそんなことはありません!

ジャズは誰でもどんな人でも楽しめる音楽で、更には譜面が読めなくてもできるし、楽器の種類も選びません! アドリブは英会話のようなもので慣れれば誰でも簡単にできるようになり、初めましての人同士でもセッションでは音を使って会話することができます。これがジャズを他の音楽から際立たせている点だと思います。音楽で人との意思疎通ができた瞬間は本当に楽しいものですよ! ピアノ、ベース、ドラム、サックス、トロンボーン、トランペット、ギターあるいはボーカルなどが主にジャズで使われる楽器ですが、それに加えて一般的にはジャズの楽器ではないとされる、バイオリンやフルート、ホルン、クラリネットなどを使って演奏に参加する人もいます。ジャズはとても裾野が広く来るもの拒まずの本当に、懐が広い音楽なのです。


またジャズ研にはたくさんの人が集まって来てくれます。実際、セッションには別の大学のジャズ研部員もいらっしゃることが多く、僕たちも別の大学によくお邪魔します。ジャズ研は横の繋がりがとっても強いんですよ!部員は医学部生の他に、理工学部・看護医療学部・薬学部・経済学部・商学部等の学生も多く所属しています。また他大学の学生も参加しています。基本的には活動が自由参加なので、別の団体を掛け持ちしている部員が多いです。


部員による演奏動画です!

興味が沸いた方はぜひ、セッションへ!


?

活動内容

主な活動は月数回のセッションです。月に2~3回のペースで、主に木曜17時~、信濃町キャンパスセミナールーム7にて行っています。

その他に2014年度は主に以下のようなようなイベントを行いました。これからもっともっと充実させていきます。
 

4月  医学部勧誘会にて演奏
5月  セッション・新歓ライブ
6月  セッション・ライブ
7月  セッション・ライブ
8月  セッション・ライブ
9月  夏合宿@森の音楽家、早稲田大学モダンンジャズ研究会と合同ライブ
10月  信濃町駅創業120周年記念式典に参加、MJQ秋リサイタル@Cafe Dolce Vita
11月 日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会での立食パーティーでのBGM演奏、三田祭においてMJQビックバンドとして出演
12月 看護医療学部主催サンタ企画参加、クリスマスセッション
1月  新年会セッション
2月  春合宿@森の音楽家
3月 

MJQ春リサイタル@青山Body&Soul、医学部卒業生謝恩会でのBGM演奏

The Cambridge & Oxford Society創立110周年記念夕食会でのBGM演奏

医学部のジャズ研として

慶医ジャズ研MJQは、ジャズという人と人とが触れ合う音楽を通して少しでも社会貢献ができないかと考えております。これまでに埼玉の病院や慶応病院にて患者さん方の前で演奏させていただきました。医学部のジャズ研という立場から、医療施設での演奏等を積極的に増やしていきたいと考えております。

大学からジャズを始めてみませんか?

部員の9割が大学からジャズを始めています。MJQでは上級生が丁寧に指導するので経験がなくとも安心してください。もちろん経験者も大歓迎です! 学部・学年・大学も一切不問。一緒にジャズで、音楽で会話する楽しさを味わいませんか? 少しでも興味を持たれた人は、ぜひ一度セッションに遊びに来てください!
連絡先はコチラ

セミナールーム7への行き方

Medical Jazz Quartetsは通常セミナールーム7でセッションを行っております。東門から入って直進、下図で20番の予防堂校舎三階にて行っております。戦前からある歴史を感じさせる建物です
inserted by FC2 system